ブログを始めたい友人を手伝ってみた その5 WordPressにテーマを入れる

ブログ
スポンサーリンク

前回Wordpressのインストールが終わり、「HelloWorld」が出てひと段落となったのですが、

よくよく考えてみると、ただ単にスタートラインというかそれ以前の競技会場入りぐらいの段階でここからテーマやプラグインの設定だったり、サーチコンソールで訳の分からないエラーが出るのを改善したりとまだまだ先は長いんだったよなぁと思い出しました。

今回はテーマを入れる。

最低限のプラグインを入れてからテーマを入れても良かったけど、入れるテーマによってはテーマ自体にその機能があって不要というプラグインも出てくるので、先にテーマを入れて同じテーマを使用している人のブログ記事を参考にしながらプラグインをそろえていきました。

因みに導入したテーマは無料で高機能と評判の「Cocoon」です。

Cocoonの公式ページ

導入から設定、すべてはここに書いてある

まずCocoonの公式ページへ行きましょう。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

このページにはダウンロードからインストール、一つ一つの設定について解説してあるマニュアル、Q&A、フォーラムとこの先何かと使うのでブックマークしておくと良いでしょう。

まずはテーマのダウンロードとインストール

公式ページからテーマをダウンロードして、マニュアルに書いてある通りにインストールします。

マニュアルには図解入りで説明があるので、もうほんとにそれに従って進めていくだけです。

補足

このブログ記事では流れとして前回までにスターサーバーで契約してます。

公式ページの「動作確認サーバー」にスターサーバーの記載が無いですが、スターサーバー上でもちゃんと動いています。

ここまでしたらとりあえずバックアップ取っておきたい

インストール終了となったら早速設定へと移りたいですが、とりあえずまっさらな状態をバックアップに取っておきましょう。

というわけで、次はバックアップのプラグインを導入。

バックアップのプラグインも色々とありますが、友人に勧めたのは「UPdraftPlus」というプラグインです。

理由は自分が使っているので。

似たようなプラグインは他にもあるのでこれはお好みで選んでも良いと思います。

以下は「UPdraftPlus」を使うこと前提で話を進めていきます。

UPdraftPlusの導入

管理画面の「プラグイン」の「新規追加」から検索窓に「UPdraftPlus」といれて検索。

インストールをして「有効化」します。

有効化した後に左側メニューの「設定」の「UPdraftPlus」を選び、そこから「今すぐバックアップ」を押すとバックアップが始まります。

バックアップ先の変更やバックアップのスケジュールの変更などの設定は後でやっておくと良いでしょう。

これでテーマ入れたてのまっさらな状態にいつでも戻ることができます。

こここから先はそのほかの必要なプラグインを一気に入れてしまうか、Cocoonの設定をやってしまうか順番はどちらでもいいと思います。

あとはサイトのロゴを作ったりですかね。

色々な設定はマニュアルなんかと睨めっこで疲れるので、気分転換に合間にロゴ作ったりもおすすめです。

Cocoonの設定でも画像を選択すればブログにロゴを付けられるのでロゴなんかを作ってから設定に写っても良いと思います。

というわけで今回は以上です。

次回はロゴ作成。

自分がこのページを作るときに利用した無料のロゴ作成のサイトを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました