タイ ウドンタニ バスターミナル1情報 時刻表もあるよ

ウドンタニの中心部にあるバスターミナル1。

近隣の街へのバスやロットゥーが発着しますが、ビエンチャンへの直通バスやバンコク行きなどの長距離バスの発着場ともなっています。

 

場所

バスターミナル1は街のランドマーク的存在のセントラルプラザや国鉄ウドンタニ駅の近くにあります。

またバスターミナルからセントラルプラザ周辺にかけてはホテルやゲストハウスもあり、早朝発や深夜着でも利用しやすいターミナルです。

空港からはバスやミニバン、タクシーで約30分、路線バス利用なら20バーツで来られます。

 

バスターミナル内の様子

バスターミナル内では案内係のおじさんも居たり、「どこに行きたいんだ?」と聞いてきたりしてチケット売り場や乗る場所を教えてくれます。

ただし基本タイ語なので、英語で話しかけると英語のわかるおじさんのところに連れていかれるか諦めます。

ウドンタニのバスターミナルに関して言えば、結構話しかけられますが詐欺師とかはいないです。

トイレや売店は一番奥にあります。

トイレ3バーツだったと思います。

それほどキレイとは言えないので、近く(歩いて3分)のセントラルプラザのトイレ(キレイで無料)で済ましておいてもいいと思います。

売店もバスターミナルの横にセブンイレブンがあるので乗車直前に買う以外はあまり利用価値はないと思います。

 

食事をするところもバスターミナル周辺にあります。

またこれも近くのセントラルプラザにファーストフード(マクドナルドやKFC)やフードコート、日本食のやよい軒や大戸屋など豊富にあります。

 

バスターミナル内にタクシー・トゥクトゥクも常に客待ちスタンバイしてます。

またバスターミナル入り口付近にはバイタクの乗り場もあります。

 

バスターミナルからの主な行先

このバスターミナル1は主に東方面のサコンナコン・ナコンパノム・ムクダハンまたはコンケン、ナコンラチャシマ(コラート)といった南方面の都市行のバスやロットゥーが発着。

長距離バスでは、バンコク・ウボンラチャタニ・チェンマイ・チェンライ・パタヤ・ラヨーン・ハジャイ・ダンノック行きがあります。

また国際バスとしてラオスのビエンチャン行きのバスも発着しています。

 

以下では自分で調査した限りの各都市への時刻表を載せていきます。

調査はチケット売りのおばちゃんへの直接の聞き取りとバス会社のホームページでの閲覧。

なのですべてを網羅しているわけではないと思いますし、間違っていたり情報が古いままかもしれませんので参考程度にどうぞ。

特に長距離バスの場合、ひどく遅れていたり10分~15分のフライングスタートもあったりするので時間にはご注意を。

 

東方面 サコンナコン ナコンパノム ムクダハン 時刻表

ムクダハン

先ずはお隣ラオスのタイ領事館のあるサワンナケートと国境を接するムクダハン行き。

これはロットゥーの時刻表になります。

サコンナコンのバスターミナルに途中ストップ有り。(サコンナコンまで所要2時間)

5:15
6:15
8:00
9:00
10:00
11:30
12:30
13:30
14:20

ムクダハンでサワンナケート行き国際バスに乗り換えできます。(ムクダハンまで所要4時間)

料金は180バーツ

ナコンパノム

ナコンパノムはラオスのターケークと国境を接しています。

こちらはバスの時刻表になります。

4:20
4:40
5:00
5:30
6:00
6:40
7:15
7:45
8:15
9:00
9:45
11:00
12:00
13:40
14:30
15:00
15:40

サコンナコン経由。所要は5時間30分から6時間

サコンナコン

こちらはバスの時刻表です。

6:00
6:40
7:10
7:40
8:20
8:50
9:20
9:50
10:30
11:00
11:40
12:20
12:50
13:20
13:50
14:30
15:00
16:00
16:40
17:20

また早朝にバスに乗りたい場合はナコンパノム行がサコンナコンを経由しているのでこちらに乗って途中下車することもできると思います。
ロットゥーだと所要2時間ほど。
ムクダハン行きのロットゥーがサコンナコンのバスータミナルへも寄るので、早く行きたい場合はムクダハン行きのロットゥーが便利です。所要は3時間から3時間30分程度。

 

ビエンチャン行き国際バス 時刻表

ビエンチャン

ラオスの首都ビエンチャンのセントラルバスターミナル行き国際バスです。

8:00
9:00
10:30
11:30
14:00
15:00
16:30
18:00

料金は80バーツ。所要時間は約3時間。(イミグレでの停車時間含む)

チケット購入時にパスポートの提示が必要です。

チケット購入場所は、エントランスを入って左側です。(上の画像の赤い看板の下)

 

ノンカイ行き ロットゥー

ノンカイ

ノンカイ行のロットゥー乗り場はバスターミナルの奥の方。

トイレ横のナコンパノム行きのホームの正面。

バス会社の並びの一番奥。チャンツアーの隣にあります。

 

6:00~20:00

日中は頻発してます。30分間隔くらいでしょうか。

近くのセントラルプラザのミニバンステーションからもノンカイ行ロットゥーは出ていて、お客さんの集まりはそちらのほうが良いのでそちらから乗ってもいいと思います。

所要時間は約50分。

料金は50バーツ。

 

南方面 コンケン ナコンラチャシマ(コラート)

コンケン行はロットゥー・バス(ナコンラチャシマ行を途中下車)ともにあり、ナコンラチャシマ行はバスでした。

地方の都市間ということであまり旅行者には縁がないかもしれません。

コンケンまでは2時間ほど、ナコンラチャシマまでは5時間ほどです。

どちらもナコンラチャシマ行以外にバンコク行きを途中下車で行けるため、本数は比較的多いです。

 

コンケンへのロットゥーは

6:00~20:00

日中は頻発しており、ほぼ30分間隔で運行されてます。

料金は90バーツ。

なおセントラルプラザのミニバンステーションからもコンケン行のロットゥーが頻発(30分間隔)しています。

 

ウボンラチャタニ 時刻表

タイ東北部の大都市ウボンラチャタニまでも直通バスがあります。

VIPバス
8:30
9:30 (シーサケート行)
10:00
12:00
1等バス
6:00
7:00
8:00
9:10
11:00
14:00

コンケン、マハーサーラカーム、ローイエットなどを経由して2号線+23号線のルートでウボンまで行くようです。

 

チェンマイ チェンライ 時刻表

チェンライ行き

SombatTourのチェンライ行き(ナコンパノム始発)が3便。

14:30 (Star)
16:30 (Super)
18:30 (Star)

チェンライまでの所要時間は約14時間。料金は、583バーツ(Star)と680バーツ(Super)。

上の画像のバスはStarクラスのバス。

チケットの販売所は、センタンからまっすぐ行ってセブンイレブン横の道から入ったところの左側。

 

SombatTourのチェンライ行きは他にも第2バスターミナルからもでております。

15:00、15:50、17:00(VIP)、18:50、20:45(VIP)出発。

SombatTourでチェンマイまで乗る場合は10~12時間という所要時間を考えると、第2バスターミナル発の20:45発がいいかもしれません。

チェンマイ行

チェンマイ方向行きでもう一つ時刻が確認できたのが、Phetprasertバス。

このバスもナコンパノムとブンカーンから出発したものがウドンタニを経由してチェンマイに向かいます。

バスは4便。

10:45
17:45
18:45
20:45

チケット購入時にバスの乗り場を確認したほうが良いでしょう。

チケット売り場は第一バスターミナル内にあったものの、バス会社のページ等ではセンタンが発着地となっている模様です。

チケットブースはバスターミナル内のナコンチャイエアのとなり。

 

パタヤ ラヨーン 時刻表

ラヨーン行き

407Pattanaのバスがチョンブリー、パタヤを経由してラヨーンまで行きます。

1日6便。

16:30
17:00
18:15
19:30
20:50
21:00

料金は497バーツ。パタヤまでの所要時間は約12時間とのこと。

チケット売り場は、センタンからまっすぐ行ってセブンイレブンを通り過ぎた先。

バスターミナルへ2本入る道がありますが、その間にあります。

 

午後にビエンチャンでビザを受け取ったあとに国際バスでここまで来てもラヨーン行の夜行バスには十分間に合いそうですね。

料金も約500バーツと安く節約派にはなかなかいいバスだと思います。

贅沢を言えば横になれる寝台バスがあればもっと良いのですが。

 

バンコク 時刻表

ナコンチャイエア Nakhonchai Air

バスの車両・サービスもよく、予約サイトもわりと使いやすいし検索すれば予約の仕方なんかも出てくる、そんな感じで人気の高いナコンチャイエア。

ウドンタニからバンコクのモーチットまでの路線があります。

先ずは時刻表から

8:50 gold class
9:40 first class
20:50 gold class
21:25 gold class
22:00 first class
22:45 first class

 

所要時間は8時間~9時間。

料金はGold Class 494バーツ、First Class 658バーツ。

上記画像の通りバスターミナルでは19:00発もあるような感じですが、ナコンチャイエアの予約サイトではこの時間の便は出てこないため減便されてる可能性があります。

チケット購入ブースはバスターミナル内にあって、エントランスを入ってすぐのところです。

 

エアウドン Air Udon

昼便1本夜行3本の設定。

VIPバスはナコンチャイエアより少し安めの価格設定。

11:00
20:45
21:15 VIP
22:00

 

所要時間8時間30分~10時間

料金は普通バス 423バーツ、VIPバス 499バーツ。

チケット購入ブースはバスターミナル外の道路に面したところ

 

チャンツアー Chan Tour

ここもバスターミナル内にオフィスがあるバス会社。

昼便の本数が多いのが特徴でしょうか。

ネットで検索すると乗車記も出てきました。

ただしお客さんが少ないと間引き運行ありです。

7:30
8:45
9:45
10:30
11:15
12:30
14:00
15:30
17:30
18:30
19:30
20:15
22:45

 

所要は9時間~10時間

料金は454バーツ。

昨年実際に乗ってみましたが3列シートでこの値段は確かに安いです。

しかし車内はそこそこくたびれていて、コンセントやWiFiはあるものの使い物にならないだとか不便な点もありました。

コンケン、コラート等々何か所もバスターミナルに寄って行ったので、自分が乗ったときはバンコクまで11時間近くかかりました。

安さ優先で色々期待しないのであればいいと思います。

 

その他

バンコク行きに関したては上記以外のバス会社も運行しています。

チェンライ行きで扱ったSombat Tour等々。

最近はLCCもウドンーバンコク間に多く飛んでいてプロモーション運賃がつかめれば3,000円台も出たりします。

こまめに早めにLCCのセール情報をチェックするのもいいと思います。

また夜行便利用に関しては列車での移動と比較しても良いかと思います。

「飛行機代プラス宿代は出したくないが、座席のみのバスも辛そう…1000バーツまでなら出してもいい」

そういう場合は列車の夜行寝台をおすすめします。

タイ国鉄 バンコク~ノンカイ 25列車 Special Express 乗車記

2018-10-21

横になって移動できるのは疲労度に大きく影響しました。

それと、「バスよりももっと安く移動したい、エアコンなしでも硬いシートでも問題ない」という方。

夜行列車の3等席をおすすめします。

これだとバンコクまでなんと200バーツ台。

 

また、モーチット行きのバス以外にもスワンナプーム行きもある(21:00発)ようですが、到着時間に不確定要素が大きなバスで国際線などへの乗り継ぎはあまりお勧めできません。

というわけで省略しました。

 

番外編

こんなバスも見つけました。

なんとマレーシアと国境を接するダンノックからラオスと国境を接するブンカンを結ぶ超長距離バス。

GoogleMapでみたところ約1,750㎞(日本なら仙台から鹿児島くらい)という距離。

いったい何時間かけて走破するのでしょうか?

ウドンタニに停まっているので、ウドンタニ~ハジャイなんて区間も乗れると思います。

バスターミナルではネットにはなかなか出てこないバスもたくさん走ってます。

 

まとめ

以上がウドンタニのバスターミナル情報でした。

ウドンタニというそれほど大きくない都市でさえまとめるのはかなり難しいです。

来てみるといろんな方面にバスは走っていて、結構いろんな地域に行けてしまいます。

時間のある旅人はタイでローカルな路線バスの旅をしてみても面白いのではないでしょうか。

またセントラルプラザ前にあるロットゥー乗り場の情報と合わせて参考にしていただければ幸いです。

タイ ウドンタニ セントラルプラザ前ロットゥー乗り場情報 時刻表もあるよ

2019-05-29
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください