2018 韓国旅行記 名古屋から関西国際空港

お正月休みを利用して3泊4日で韓国への旅

チケット確保は12月31日の夜、出発は1月2日。

それでも航空券だけなら往復で21500円、名古屋から関空へ行くのと合わせても3万円しません。

LCCの台頭で直前予約でもずいぶん安く行けるようになりました。

旅の目的は釜山でテジクッパを食べることと、ソウルの和庭博物館でチベット仏教のコレクションを鑑賞することです。

あと仕事関係の軽い視察が少々。

予定を詰め込むタイプじゃないので最低限行きたい場所以外はノープランで行きました。

では、地元の名古屋駅からスタート。

近鉄名古屋駅

名古屋から難波まで近鉄を利用。

この時はまだ「名阪まる得きっぷ」が利用できたので、関空へ行くときは地下街の金券ショップの自販機でこれを買ってアーバンライナーに乗車してました。

窓口でなる喫煙ルーム近くの座席をお願いして発券。

現在は「名阪まる得きっぷ」が廃止になってしまって実質値上げされたので、次回から新幹線を使うかどうか悩ましい。

弁当食べてコーヒー飲みながらタバコで一服するなら、2時間はちょうどいい。

新幹線だと速すぎるのよねえ。

 

景気よくいこうということで、売店で柿の葉ずしを購入。

一つ一つが一口サイズなので電車の中でも食べやすいよね。

 

大阪到着

切符は難波までだったけど、通天閣に行きたくなり上本町で乗り換えて日本橋で下車。

特別切符のため降りれるかわからず、改札にいた駅員さんに聞いたら「いいですよ」って

日本橋で地下鉄堺筋線に乗って一駅、恵美須町駅で下車、すぐに通天閣が見えてくる。

 

 

やがてにぎやかな通りに出ると

あっ!テレビで見てるやつだ!

 

この河豚も

 

これも

 

通天閣と言ったら串カツでしょ!と思ったけど

この時は正月休みど真ん中で集団の観光客も多かった、海外からの観光客も多くていろんな言語が飛び交ってました。

一人で入ることにビビッて串カツはまた今度。

あと付近の商店街にもいい雰囲気の飲み屋さんとかあったから、今度来るときは西成で泊まってぜひちょうどいい時間帯に来たいなあ。

 

南海新今宮駅から関空へ

散歩がてらジャンジャン横町を通って、南海電鉄の新今宮駅へ。

JRもあるけど、南海なら乗り換えなしで行けるしちょっと安い。

直通の空港急行なら45分ほどで関空到着、特急と5分しか変わりません。

この時はちょうどよく空港急行が来なくて泉佐野で乗り換え。

 

泉佐野から約8分で関空到着。

 

結構遅い時間に到着したけど、搭乗予定の便は翌日朝10時前です。

空港泊します。

と、その前に実は関空でやることがあります。

KIX-ITMカードを作ることです。

メリットだけしかない! 関空利用するなら 【KIX-ITMカード】 が超おすすめ

2018.08.11

これ年会費無料ですぐ作れて、空港内の飲食店やラウンジなどで優待が受けられるんです!

特に大きいのが、KIX エアポートラウンジやエアロプラザのリフレッシュ スクエア ラウンジエリアの利用基本料金が50%OFFになることです。

ネットで会員登録をして受付番号を空港内の引き換え場所まで持っていくと、すぐカードをもらえます。

しかも第2ターミナル(T2)の引き換え場所となっている案内センターは24時間営業。

深夜でもすぐカードがもらえてすぐに使い始められるので、大変ありがたい。

そんなわけで、着いて早々第2ターミナルまで無料のシャトルバスで行ってきました。

 

あっさりとカードをゲットして、早速すき家に駆け込みます。

腹減った~

 

すき家ではカード特典として、ソフトドリンクが1杯無料。

うれしい!

お腹も満たしてあとは寝るだけ。

カード持ってエアポートラウンジ行ってみたけど、さすがに大型連休期間で満員。

今日の寝床を適当に探しておとなしく空港内で寝ます。

オヤスミナサイ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください