2018 韓国旅行記 釜山でテジクッパと温泉

空港で1晩明かすためベンチで寝たのでちょっと腰が痛いです。

空港内のコンビニでおにぎりと唐揚げを買って朝食にします。

ジンエアーLJ216

出発予定時刻は9時55分、釜山到着は11時20分。

たった1時間半のフライトなのであっという間です。昨日乗った近鉄の名古屋から大阪間よりも早いです。

いま大阪ー韓国間はLCCの激戦区です。

釜山行きも、ジンエアー・チェジュ航空・エアプサン・イースター航空・ティーウェイ航空の韓国5社と、

日本のピーチの1社、そして大韓航空とLCC6社とレガシー1社の合計7社あります。

これだけあると、セールでどこかしらの便が安売りしてます。

実際、今回の便も大晦日の夜に思いつきで買って往復で21500円でした。

サプライスというHIS系の予約サイトで3000円のクーポン配ってたのもあって安く買えた。

平日ならセールで空港税込み片道5000円とかザラです。

お盆や正月に急遽福岡とか行く用事ができたら、下手すると釜山経由で行ったほうが安いんじゃないかとか思ったりします。

そんなしょうもない事を考えてるうちに着陸。

空港に着いたら、まずATMでお金の引き出し。

最近はデビットカード持ち歩いて、どこの国でも現地のATMで引き出してます。

ATMだと空港だろうが市中だろうがド田舎だろうが、いちいちぼったくりレートかどうか気にする必要ないし。

引き出し手数料がいくらか調べておいて、高ければ最初にまとめて引き出します。

空港には新韓銀行があったのでそATMを利用。

ちょうど係員の兄さんがいて、向こうから声をかけてくれて丁寧にATMの操作方法を教えてくれました。

無事銀行でお金をゲットして、次はT-moneyカード(交通ICカード)の購入。韓国のコンビニGS25へ向かいます。

この先、金海軽鉄と地下鉄で海雲台まで行くのとソウルで市バスと地下鉄に乗るのでT-moneyカードはとても重要なアイテム。

スムーズに乗り降りできるし、まず英語が通じないバスでの料金の支払いも心配なくなる。

空港でT-moneyカード入手は最重要ミッションでした。

 

西面テジクッパ通りで昼食

旅の準備も終わり、お腹がへってきました。空港から西面テジクッパ通りまで向かいます。

今回の旅の目的の一つ、釜山名物のテジクッパを食べに行きます。

釜山金海軽鉄道で「沙上」まで行き、地下鉄2号線に乗り換えて「西面」に行きます。

地下鉄の1番出口から出て少し歩くと「西面テジクッパ通り」。

事前に釜山ナビで調べてあったので迷わず着きました。

地元の人たちで混み合っていて期待感はMAX

数あるお店の中から比較的キレイな店を選んで入店

ちょっと小汚いローカル感丸出しの店でも良かったけど、ちょうど昼時でめちゃ忙しそう(地元の人でいっぱい)

なので空いてるほうに行きました。

中国人観光客が多いせいで中国語でメニューやら書いてあって、多少の中国語がわかる自分としては助かりました。

ハングルだと名に書いてあるかさっぱりわからん。

漢字だと「湯」(スープ)とか「飯」(ごはん)とか見てすぐわかる。

お店の中は見ての通りキレイ、ファーストフード店っぽいです。

おかずが出てきて

キター!待ちに待ったテジクッパ。6,500ウォン

ソウルで食べたソルロンタンも好きだけど、こっちもイイ!

自分はご飯とスープがセパレートのタロクッパのほうが好き。

心もお腹も満たして、海雲台へ向かいます。

海雲台

西面から地下鉄2号線で宿のとってある海雲台に

 

駅前は人通りもそれほどなくちょっと寂しい感じでした。

海雲台と言えばビーチ。ちょうど陽が傾きかけてきていい感じでした。

暗くなる前に、宿に向かいます。

Guest House 710

agodaで予約した宿は「ゲストハウス710」。

検索した時の条件は、ビーチと銭湯に歩いて行ける立地、レビュー評価が悪くない、シングル部屋、15000ウォン前後。

いくつか候補はあったものの、ここに決めました。

日本円で1480円でした。

くわしいレビューは別で書くとして

結論は、良かったです。

レセプションの兄さんは英語ができて、気さくな感じですごく印象良かったです。

また近くには海雲台温泉センターがあってすぐ行けました。

近隣に飲食店もあるし、ビーチも歩いて行けました。

おすすめです

海雲台温泉センターで温泉風呂

わざわざこの海雲台に来たのは、この海雲台温泉センターのためです。

とういか、旅程を組む時にソウルの単純往復ではなく釜山・ソウルのオープンジョーで航空券を取ったのは、この温泉センターに寄るためでした。

ソウルにもスーパー銭湯はあるけど、やっぱり温泉に入りたかった。

画像は真っ暗でよくわかりませんが、温泉センターの正面です。

ビルを入ってエレベーターで上に上がって4階のレセプションでお金を払って(風呂のみ7000ウォン)、お風呂に入ります。

時間帯もちょうどよかったため地元の人でかなり混み合ってました。

体も温まって満足。

この後散歩して体を冷やした後、またチゲを食べて温まります。(贅沢じゃ~)

夜の散歩

温泉センターを出た後、晩ご飯を何にしようかと考えつつ散歩です。

クリスマスとニューイヤーを同時に祝うのはわかるけど、ちょっと手抜きだ。

本番の正月は旧正月だから仕方ないかなぁ。

もっと人通りが多いと思ってたけど、全然人がいない。

イルミネーションが余計寂しい。

まわりのお店も店じまいの準備してたりで、早く晩ご飯食べないとコンビニ弁当になっちゃいそうで適当に入って食べました。

 

味噌チゲだけど、骨付き肉がホロホロで柔らかく美味しかった。値段も7000ウォンぐらいでした。

お腹もいっぱいになり、眠くなってきます。

明日は朝からソウルへ行くので、夜遊びせず早めに帰って寝ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください